のぼり旗を目立たせたい

お店の名前を必ず入れる

デザイン考案が決め手になるのぼり
一般的な企業や店舗が宣伝を行う場合にはチラシを配るなどの方法が考えられます。
しかしチラシは基本的に消費者の手にとってもらい、
さらに内容を読んでもらわないと効果を期待できません。

ちらしのデメリット

一方のぼりを使用すると街中を通行する人々に一目で企業や店舗、
商品、サービスの情報を提供できます。

道端で旗が風になびいていると人の目につきやすいというメリットもあります。
一般的には店頭に設置されている事例が大半を占めます。

旗を使用すると店舗の特売日やイベントなど消費者にメリットがある情報を
直接的に伝えることができます。

またラーメンやソフトクリームなど扱っている商品の情報をアピールする際にも有効です。

集客率を高めるためにはイベントや店舗自体に関する情報を直接的に
アピールすることが重要となります。

商品の宣伝

チラシを配る場合には広範囲にわたってアピールすることができますが、
チラシの内容に興味を持ってもらう必要があります。

また印刷して配布するにはある程度の費用が必要です。
旗を制作する場合にも一定の費用が必要ですが、一度制作してしまえば
何度でも繰り返し使用できます。

チラシとのぼりには宣伝効果が間接的か直接的かという違いがあります。
またアピールする地域も広範囲を対象とするか店舗の周辺だけ
を対象とするかという違いが存在します。

それぞれの長所を効果的に活用することが集客率を高めるために重要です。
実際にのぼりを制作する際にはお店の名前を必ず入れることがポイントとなります。

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  SITEMAP