のぼり旗を目立たせたい

モチーフを選ぶ

デザイン考案が決め手になるのぼり
のぼりを制作する場合にはデザインに入れるモチーフを上手に選択することがポイントとなります。

優れたデザインの旗を制作できれば宣伝効果が向上します。
のぼりは様々な宣伝方法の中でもシンプルでコストパフォーマンスに優れています。

コストパフォーマンス

旗と同様に一定の場所に掲示する方法としては看板があります。
看板は設置場所への固定が原則です。また制作に一定のコストが必要になります。

旗であれば看板と比較すると10分の1ほどのコストで制作可能です。
また重量が軽いため、誰でも気軽に持ち運ぶことができます。

看板を設置する場合には設置場所を厳密に選ぶ必要があります。
しかし旗であれば、一度設置しても別の場所に移転して効果の違いを試すことができるため合理的です。

さらに、旗は風に揺れるため、近くを通行する人々にアピールしやすいという特徴があります。
効果的に宣伝を行うためには様々な媒体の特徴を理解することが重要です。

動きを追う

広い範囲の消費者にアピールするためにはチラシの配布やラジオでの
コマーシャルなどを行うと効果があります。

チラシの配布は局地的に行うこともできますが、一般的には新聞の折り込み広告や
ポスティングの形で配布します。

局地的な宣伝を行う場合には看板やのぼりを利用することになります。
様々な宣伝方法の中でも旗は安いコストで制作でき、消費者に対して直接的なアピールができます。

実際にのぼりを制作する場合にはデザインに入れるモチーフを上手に選択し、
消費者に伝えたい情報を強調することがポイントです。

 

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  SITEMAP